SFAによって営業活動の標準化を進める

仕事には業務マニュアルが用意されていることがあり、ファストフードやコンビニのアルバイトなどはマニュアルを覚えればすぐに仕事ができるようになっています。
一般の会社でも経理部などの事務系の仕事はマニュアル化しやすいので比較的誰でも仕事をすることができます。
しかし営業職はマニュアル化が難しく、名刺の渡し方や挨拶の仕方などビジネスマナーに関わる部分ぐらいしかマニュアル化していないところもあるかもしれません。
新入社員が一人前になるにはそれなりに時間がかかります。
SFAを導入するメリットの一つとして営業活動を標準化できる点が挙げられます。
各営業担当者の行動が記録されるので、それを分析すればどんな行動が必要なのかがわかります。
標準化できればそれを元にマニュアルを作成しておき、新入社員でもマニュアルを見れば営業ができるようになるかもしれません。
SFAの中には手順を管理してくれるものもあるので、営業活動の手順が分からない時に上司に聞かなくてもシステム通りにしておけば自然にできます。