SFAを導入すると売上予測が立てやすくなる

会社を経営する上で大事なのが将来の予測です。
投入できる経営資源は限られていますが、投じた資源に対して目的通りの売上が上がらなければ赤字になったり現金が足らなくなる恐れがあります。
将来の予測ができればそれに応じてうまく経営資源を配分できるので、より売上を上げられるようになるかもしれません。
ただ将来の予測の中でもしにくいとされるのが売上で、これまでは過去の経験などを元にした根拠の薄い予測を立てるしかありませんでした。
SFAを利用すると末端で活動している営業マンが現状の活動情報を入力します。
その時にはどれくらいの商談になるかも入力をするので、商談などが始まれば将来売上になる可能性が高くなるでしょう。
SFAですべての営業社員のデータを集めておけば将来の売上がどれくらいになるかわかるので、足りなければより活動するように伝えられますし、予測に近いのであれば今のまま活動を続けるように指示ができます。
経営者にも使われるシステムと言えます。