営業でよく使われるCRMとSFAの違いを知ろう

SFAとCRMは聞いたことがあるけれど、違いが分からないという方もたくさんいると思います。
まず、SFAは案件や商談情報など見込み客や顧客の情報を細かく管理し入力していきます。
こうすることで、営業のデータが蓄積されていき営業担当者同士の意思疏通がスムーズとなり効率化を図ることができます。
SFAが登場した背景としては、属人化されていた営業情報の集約化だと言われています。
今までは様々な情報を持った人が情報を属人化させたまま転職をするケースが多く、多くの会社で重要な情報を失っていました。
こうした事態を防ぐために、同じシステムにデータを入力することで全ての営業担当者が情報を把握することができるようになりました。
会社も今までの営業実績や経験を会社の資産として残すことができるので、非常に便利なシステムだと言うことができます。
一方のCRMは顧客関係管理を目的に作られたもので、顧客情報を管理するSFAとは少し違った機能です。

朝一で髪をカットしてもらうこともできます

企業の研究を支える試験片ならシミズテックに依頼
技術研究・開発を支援するシミズテックはあらゆるテストピースの加工ができます。

食品CRO、肌試験、トクホ試験、免疫ヒト試験ならCPCC

機能性表示食品|ヒト臨床試験の企画から対応いたします

最新投稿

  • SFAを導入すると売上予測が立てやすくなる

    会社を経営する上で大事なのが将来の予測です。
    投入できる経営資源は限られていますが、投じた資源 …

    続きを読む...

  • SFAによって営業活動の標準化を進める

    仕事には業務マニュアルが用意されていることがあり、ファストフードやコンビニのアルバイトなどはマニュア …

    続きを読む...

  • SFAで様々なことをすることができる

    SFAを利用することで、様々な機能を使い営業の効率化を図ることができます。
    具体的にどのような …

    続きを読む...

お知らせ

一覧